同じ量の酵素でも、その摂り方次第で効果に差が出てきます。
効率良い摂り方で、賢く健康な体作りをしていきたいですね。
これから生酵素の正しい取り方を紹介します。

正しい摂り方でダイエット力アップ!

生野菜やフルーツ、発酵食品を食べよう

酵素とはサプリメントでしか摂れない特別な物ではありません。普段の食生活で摂れる機会はたくさんあります。生酵素を多く含む食品としておすすめなのが、生野菜やフルーツ、発酵食品です。これらの食品は生酵素を多く含んでいる上に、消化にも良いので腸内環境を整えるのに最適です。しかし、添加物があると、添加物の消化に酵素が使われますので、特に発酵食品を購入する際は、無添加物の物を選んでください。さらに、野菜・フルーツはすりおろして食べると、より多くの生酵素を取り入れることができます。野菜・フルーツをすりおろすことで、細胞膜に閉じ込められた生酵素も取り入れることができるからです。

野菜・フルーツをすりおろすと、酵素の失活スピードが速まりますので、できるだけ早く食べるようにしてください。逆におすすめできない食べ方は、加熱させて食べることです。酵素は熱に非常に弱く、48度以上になると失活してしまいます。生酵素を目的に野菜や発酵食品を食べる際には、温めずに生で食べるようにしましょう。

よく噛んで消化しやすい状態に!

老化や肥満、便秘は酵素バランスの偏りによって引き起こされます。現代の食生活では、私たちの体は消化酵素過多・代謝酵素不足になりがちです。体内に酵素を取り入れる目的は、不足した代謝酵素を補うことです。それと同時に消化酵素の分泌を抑えることができれば、より効率よく酵素バランスを整えることができます。消化酵素分泌を抑える最も簡単な方法は、良く噛んで食べることです。食べ物を良く噛まずに体内に取り入れると、腸内でかなりの量の消化酵素を必要としてしまいます。体内に送り込まれる前に、唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素で、食べ物を消化しやすい形に分解することが重要になります。

食べ物が消化しやすい形で体内に送られますと、結果的に消化酵素の分泌を抑えることができます。一日に分泌できる酵素の量は決まっておりますので、消化酵素の分泌が抑えられると、代謝酵素が分泌されやすくなり、結果として代謝酵素を増やすことにつながります。

補酵素も一緒に取ると効果的

補酵素は取り入れた酵素を活発化させる働きがあります。同じ量の酵素を取り入れても、取り入れた酵素をうまく働かせるかで、その効果が格段に変わってきます。生酵素サプリの効果に違いが出るのは、体質によるものではなく、補酵素によるものである可能性が高いです。体に取り入れた生酵素をより効果的に働かせる為には、補酵素も一緒にとる必要があります。酵素はあくまでも触媒ですので、それ単体ではなんの役割も持てません。酵素は補酵素と結びつくことによって、初めて体の中で真価を発揮します。よって、酵素を摂る時は補酵素も同時に摂らなければなりません。

補酵素として代表的なのが、ビタミン・ミネラルです。酵素には多くの種類があり、それぞれに特定の役割を持っておりますが、補酵素も同様に多くの種類があり、それぞれの役割が決まっています。脂肪・炭水化物の代謝をサポートするビタミンB3(ナイアシン)や糖質・脂質・タンパク質の代謝をサポートするビタミンB5(パントテン酸)はおすすめです。生酵素サプリを選ぶ際には含まれている補酵素にも注目しましょう。