生酵素サプリ選びで重要な3つのポイント・注意点を紹介します。
効果があるサプリと効果が薄いサプリの違いとは。
生酵素サプリで失敗することはもうありません。

生酵素サプリを選ぶときの3大ポイント

ポイントは「非加熱」であること!

酵素サプリ選びで最優先事項と言って良いのが、酵素が「非加熱」であるかの確認です。現在市場に出回っているサプリメントは豊富な酵素の量を謳っているものが多いですが、重要なのは酵素の量ではなく質の方です。いくら多くの酵素を含んでいたとしても、製造段階で加熱され、失活していたら意味がありません。酵素を摂る上で重要なのは、酵素を生きた状態で体内に送り込むことです。

「非加熱」の生酵素を摂ることによって、初めて酵素の力を100%フルに活用できるのです。酵素は生であることが重要です。これからサプリメント選びをする際に、購入するサプリメントが「非加熱」であるかはしっかりと確認しましょう。酵素サプリを巡ってネット上で「効果があった」「まったく効果が無かった」と意見が2極化するのは、酵素が「加熱済み」か「非加熱」かの違いに依るところが大きい考えられます。

原材料や添加物の有無

酵素サプリが「非加熱」であるならば、酵素から期待できる体への働きはとりあえず保証されるでしょう。「非加熱」であるかの関門を突破した生酵素サプリ選びで、次に判断基準となるのが、原材料と添加物です。この原材料や添加物こそが他のサプリメントとの差別化が図れる大きな要素です。酵素と一口に言っても様々な種類がありますので、自分がどのような酵素を求めているかをしっかりと調べる必要があります。また、生酵素だけでなく、そのサプリに含まれる食物繊維やビタミンなどにも注目すべきです。例えば、野菜などに多く含まれる抗酸化物質が含まれていますと、摂り込んだ酵素の働きを活発化させてくれます。酵素サプリ選びには、酵素+αの働きにも注目すべきです。

サプリメント食品は加工食品ですので、着色料や保存料などの添加物がどうしても含まれてしまいます。ほとんど気にしなくて良いのですが、普段から食品選びで添加物を気にしている方は参考にした方が良いかもしれません。

飲みやすさ、続けやすさで選ぼう!

最後にポイントになるのが、飲みやすさ・続けやすさです。サプリメント食品は薬ではなく健康食品ですので、急な効果は得られません。効果を実感するには継続して飲み続けることが重要になります。午後のティータイムと同じような感覚で生酵素サプリを毎日摂るのが理想的ですが、「毎日飲まなければ」という日課感はなかなか取り払うことができないでしょう。飲みにくいサプリ、飲むのに手間のかかるサプリはあまりおすすめできません。本来なら水分を含んだペースト状のものが最も効率よく生酵素を摂れるのですが、手軽さを考えるならばおすすめは丸剤かカプセルです。

また継続においてもっともネックになるのが値段の問題です。月数万もするようなサプリメントは当然おすすめできませんが、安すぎるサプリメントも信頼性に欠けます。信頼のおけるサプリメントの相場は月額3000円~5000円です。サプリメントを購入する際は目先の月額だけでなく、継続して払っていけるかも考慮しましょう。