生酵素と酵素は厳密に言うと似て非なる物です。
体に取り入れる酵素は「生」であることが重要です。
酵素にはなく生酵素にはある驚くべき秘密を説明していきます。

酵素は「生酵素」がオススメ!

なぜ「非加熱処理」の生酵素がいいの?

まず始めに酵素は生でなければ意味がありません。ほとんどの酵素は一度でも48度以上に達すると失活してしまいます。これは生卵を想像すると分かり易いです。生卵は一度温めるとドロドロした中身が固まり、冷やしても元に戻ることはありません。酵素も同じで一度失活した酵素は二度と蘇ることはありません。多くの生酵素サプリがカプセル状なのはここに理由があります。酵素は体全体の健康をサポートする強力な物質に一見見えますが、じつはかなり繊細な物質でもあります。非加熱処理のサプリメントは酵素が失活してしまわないように温度管理には細心の注意を払っています。

まず始めに酵素は生でなければ意味がありません。ほとんどの酵素は一度でも48度以上に達すると失活してしまいます。これは生卵を想像すると分かり易いです。生卵は一度温めるとドロドロした中身が固まり、冷やしても元に戻ることはありません。酵素も同じで一度失活した酵素は二度と蘇ることはありません。多くの生酵素サプリがカプセル状なのはここに理由があります。酵素は体全体の健康をサポートする強力な物質に一見見えますが、じつはかなり繊細な物質でもあります。非加熱処理のサプリメントは酵素が失活してしまわないように温度管理には細心の注意を払っています。

生じゃないものは「加熱処理」されている

酵素は生でなければ意味がないと先ほど話しました。これからは酵素食品を購入する際に、酵素が生なのかそうでないのかを充分に注意してください。実はほとんどの酵素サプリは加熱処理がなされているのです。特に酵素ドリンクの場合は、ほぼ全てが加熱済みだと思っていた方が良いでしょう。これは厚生労働省の食品衛生法で、清涼飲料水は一度60度以上で加熱処理をする義務があるからです。当然ですが、加熱処理された酵素食品は酵素が失活していますので、食物繊維などの酵素以外の栄養しかその効果に期待できません。生酵素サプリと酵素サプリ。「生」の1文字が有るか無いかで効果が全く違います。

加熱処理された酵素食品は当然その効果に期待できません。しかし、「生酵素」を便宜的に「酵素」と述べている商品もありますので判断が難しいのも事実です。はっきりと生酵素サプリと明言されているものでなければ、加熱処理されているかどうかをしっかりと確認する必要があります。酵素が生なのかどうかはサプリメント選びで最も注目すべきところです。

酵素は熱に弱い!!

酵素は加熱するとすぐに失活してしまいます。50度前後ですぐに失活してしまいますので、非常に熱に弱いです。例えば、水で溶かして飲む粉末型のサプリをお湯で溶かすと、その効果に全く期待できなくなります。同様に、サプリを飲む時、熱いお茶などで流し込むのもおすすめできません。保存場所にもかなり気を遣った方が良いでしょう。カプセルでコーティングされているとはいえ、直射日光が当たる場所に置くなどは絶対に避けましょう。「酵素は熱に弱い!」これを知っているのと知らないのでは、生酵素サプリの扱い方が大きく変わってくるでしょう。

今までに「生酵素サプリを飲んでみたけど効果がなかった」という人はこのことを思い返してみましょう。そのサプリメントは加熱処理がされていた、もしくは購入後に熱で失活させたのかもしれません。生酵素サプリを効率良く利用する方法は目的によって様々な議論がされていますが、この「熱を避ける」というのは最優先に守るべき鉄則です。